医療機器・ヘルスケア機器分野における三次元MIDの活用ページを追加しました

このたび、医療機器・ヘルスケア機器分野における三次元MIDの活用ページを追加しました。

医療機器・ヘルスケア機器メーカーでは、機器の小型化や利便性向上などのニーズに応えるため、小型医療機器を徐々に導入し始めています。三次元MID技術は、歯科用機器、体温計や補聴器等の様々な機器への活用が期待されており、製品の小型化、軽量化に貢献していきます。

本ページでは、過去培った技術・ノウハウや経験をもとに、医療機器・ヘルスケア関連機器分野における三次元MID技術の活用について紹介します。 ぜひ、本ページをご覧いただきたく、ご案内します。

ウェブサイト 「医療機器・ヘルスケア機器での活用紹介」

https://www.johnan.com/3d-mid/3d-medical-equipment/


三次元MID技術を活用したものづくりに関してのお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
当社は、今後もお客様の様々な課題解決を通じて、お客様の想いを社会に実装することで実践いたします。

■関連リンク

ウェブサイト「三次元MIDサービス」


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

「産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」が日刊水産経済新聞に掲載されました

当社の産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」が日刊水産経済新聞8面に掲載されました。

当社は1月15日、日刊水産経済新聞にて「今年から水中ドローン(ROV)の漁業分野への販売・普及を強化する」企業として紹介されました。本製品は6スラスターを搭載しているため、前後、上下、横の動きで安定的に素早く行うことができます。また、誰でも短時間で操作が可能です。さらに、小型で軽量のため1人でも持ち運ぶことができます。本製品は映像解析においても能力を発揮します。高出力で安定性が高いカメラを搭載することで、鮮明なフルハイビジョン映像での様々な水中調査を実現します。

当社は水中作業における様々な課題を解決し、現場ニーズに応えます。今後も技術提案を通じて、お客様の想いを製品にして社会に実装いたします。

■関連リンク

・日刊水産経済新聞社(掲載日:2021年1月15日付掲載記事)「漁業分野への販売・普及強化へ」
・産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」
・産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」漁業関連ウェブサイト


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

滋賀県次世代技術開発研究セミナー(水中ドローン関連)のお知らせ

2021年2月3日(水)、滋賀県主催の「滋賀県次世代技術開発研究セミナー」において、当社JOHNANイノベーションラボの中原・稲木・野上が登壇します。

本セミナーでは、世界・日本の水中ドローン市場の最新動向、水中ドローンの活用事例、琵琶湖のフィールドテストの結果や水中ドローンから広がる新事業への展望等について、ご紹介いたします。皆様のご参加をお待ちしております

【セミナー情報】

■タイトル:
「滋賀県次世代技術開発研究セミナー ~水中ドローンで始動する琵琶湖の新産業革命と滋賀ものづくり企業のビジネスチャンス~」

■開催日時:2021年2月3日(水) 14:00~16:35

■開催場所:オンライン開催

■開催概要
第1部 世界に広がる水中ドローン市場の最新動向と活用事例
第2部 琵琶湖でのフィールドテストから見る、水中ドローンの使い方紹介
第3部 水中ドローンで描く琵琶湖と滋賀ものづくり企業の未来予想図

■定員:先着50名 (定員になり次第終了)

■参加費 無料

■詳細・お問合せ・お申込み
下記リンクにアクセスの上、FAXでお申し込みください。

滋賀県商工観光労働部モノづくり振興課
https://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/gaiyou/soshiki/shoukoukankouroudoubu/monodukurishinkouka/

■ 関連リンク 産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」
https://www.johnan.com/rov-mogool/
産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」製品紹介動画
https://youtu.be/U-FLsHilluE


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

「オンラインロボット講座」を開催しました

当社は、2020年12月9日(水)、京都府立工業高等学校のロボット技術科の2年生を対象に、授業の一環として「オンラインロボット講座」を開催しました。

代表取締役社長兼CEO山本光世が登壇し、生徒達に「会社は子どもたちが、将来希望を持てる社会を実現するために、アイデアを製品にして使ってもらう橋渡しをする役割をもつ。やったことがないからこそ、試して作る「試作」が重要で、たとえ失敗しても、うまくいかなったことが発見できたという大きな意味がある」とのメッセージを伝えました。

本講座では、当社の社員が過去のロボットと未来のロボットについて説明しました。また、ロボットのデモンストレーションを行い、ロボットアームがカメラで対象物を検知し追従して動作する様子を、紹介しました。最後に、福知山にいる学生が、ジャスチャで当社施設内にあるロボットに指示を出す遠隔操作を体験しました。

JOHNANイノベーションラボは、今後も人とロボットが共生する生産システムにより、誰もが自らの能力を発揮しながらいきいきと働ける環境構築を通じて、お客様の想いを製品にして社会に実装します。

■関連リンク

京都府 京都企業紹介ウェブサイト
JOHNANイノベーションラボ ウェブサイト


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

当社拠点における新型コロナウイルス感染者(2人目)の発生について

当社、京都府宇治市所在の本社拠点にて勤務している技術系従業員1 名が、PCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしましたので、以下の通り、ご案内いたします。なお、同拠点の同部門での感染は2人目となります。

同拠点においては、所管の保健所からは濃厚接触者はいないとの判断を頂いております。また、同保健所と連携し、感染者が勤務していた職場において、消毒清掃は既に実施済です。また感染者と相応に接触のあった従業員は、全員健康ではありますが、念のため、自宅待機を命じておりました。本日、保健所からの濃厚接触者で無い旨の連絡を頂戴しましたので、午後以降、順次出社する状況であります。

1.感染者の状況について

同部門においては、1人目の感染者が発生した際に、保健所からは濃厚接触者はいないとの判断を貰いましたが、念のため、従業員や取引先様等の安心感向上を目的に、特段の症状等はないものの、当該社員と相応の接触のあった従業員に対し、当社にて抗原検査を実施致しました。その結果、本件当該社員に陽性の反応が出たため、保健所に相談し、PCR検査を受けたところ、同ウィルス感染が判明したという状況です。なお、当従業員は、いまも無症状ではありますが、保健所の指示により、2週間の自宅待機、外出禁止の指示を受けております。


2.職場での対応について

感染の拡大を防止するため、所轄保健所などと連携し、感染者が発生した拠点において、本日時点で以下の対応を取っております。

(1) 当該拠点における感染者の行動履歴、感染者と過去2週間の接触者のリスト作成

(2)当該接触者リスト等による感染者との濃厚接触者がいなかったことの確認
  (所轄保健所より「濃厚接触者なし」確認済)

(3) 当該接触者リストに基づく接触者・取引先様等への注意喚起ご連絡(継続中)

(4) 感染者の職場を中心とした消毒作業の実施(済)


3.同拠点の稼働について

本日までは、同オフィスの勤務者(接触者)の出社を禁止し、生産工程等を止め、消毒作業を完了させました。今後、従業員や取引先様等の安全を確保してから、同拠点の稼働を開始いたします。本社拠点においては事業部門毎に活動ゾーンの区分をしており、感染者の本社建屋内の他の事業部門との接触は限定的で、当社本社拠点の感染者が勤務する事業部門以外の他の事業部門は、通常通り業務を行っております。


4.今後について

社内外への感染拡大の抑止と従業員の安全確保を優先し、関係各所と連携し対応してまいります。地域住民の皆様、お取引先等関係者の皆様にご心配をおかけすることになり、心からお詫び申し上げます。本件については当社全グループに関わることとして受け止め、他拠点においても感染拡大防止に対するさらなる注意喚起と対策を進めてまいります。なお、今後も状況が変わる場合には、速やかに情報をご案内し、感染拡大の防止に取り組んでまいります。


ニュースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。



【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略統括部 山下・神村 
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

「FAシステム製作」に関するページをリニューアルしました

このたび、「FAシステム製作」に関するページをリニューアルしました。

本ページでは、少子高齢化による労働力の減少や熟練工不足等のものづくり現場における課題に対して、 ロボットを活用したFA機器の開発を用いた課題解決を提案しております。

ウェブサイト「FAシステム製作」

https://www.johnan.com/innovation-labo/labo-fa/


当社は、試作検証用装置の製作、個別受注生産や量産等に対応します。お気軽にご相談ください。

当社は、今後も人とロボットが共生する生産システムの構築により、誰もが自らの能力を発揮しながらいきいきと働ける環境づくりに貢献してまいります。

■関連リンク

JOHNANイノベーションラボ


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

当社拠点(京都府)における新型コロナウイルス感染者の発生について

当社、京都府宇治市所在の本社拠点にて勤務している技術系従業員1名が、新型コロナウイルスへのPCR検査の結果、陽性であることが判明いたしましたので、以下の通り、ご案内いたします。

なお、所轄保健所による同拠点における濃厚接触者の認定はなく、感染者が勤務していた職場において、消毒清掃を実施済です。また感染者と接触のあった従業員は、全員体調の異常がなく、1月4日まで冬季休暇及び在宅対応中であり、出社していない状況であります。

1.感染者の状況について

同従業員は、1月1日(金)の夕方に自宅にて発熱しました。その後、1月2日(土)に病院を訪れたところ、PCR 検査を受けることとなりました。その結果、新型コロナウイルス罹患(陽性)と診断されました。なお、保健所から2週間の隔離を求められ、症状も軽いため自宅療養を行っております。


2.職場での対応について

感染の拡大を防止するため、所轄保健所などと連携し、感染者が発生した拠点において、本日時点で以下の対応を取っております。

(1) 当該拠点における感染者の行動履歴、濃厚接触者等について感染者への調査実施と、同拠点において感染者との濃厚接触者がいなかったことの確認(所轄保健所より「濃厚接触者なし」認定)

(2)感染者の職場を中心とした消毒作業の実施(完了済)


3.同拠点の稼働について

濃厚接触者もおらず、冬期休暇等によって本日までは生産工程等を止め、また消毒作業実施も終了させました。また、感染者の勤務エリアは本社内にてゾーン分けをしており、感染者と本社建屋内の他の部門との接触は限定的であります。そのため、1月5日(火)からは、同拠点は通常稼働の予定としております。なお、感染者は、その他の当社拠点との接触がなかったことから、当社のその他の拠点は、通常通り業務を行っております。


4.今後について

同拠点において、感染者と接触があった従業員について、念のため抗原検査を実施いたします。社内外への感染拡大の抑止と従業員の安全確保を優先し、関係各所と連携し対応してまいります。地域住民の皆様、お取引先等関係者の皆様にご心配をおかけすることになり、心からお詫び申し上げます。本件については当社全グループに関わることとして受け止め、他拠点においても感染拡大防止に対するさらなる注意喚起と対策を進めてまいります。なお、今後も状況が変わる場合には、速やかに情報をご案内し、感染拡大の防止に取り組んでまいります。


ニュースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。



【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略統括部 山下・神村 
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

当社拠点(岡山県)における新型コロナウイルス感染者の発生について

当社、岡山県和気郡所在の拠点にて勤務している事務系従業員1名が、新型コロナウイルスへのPCR検査の結果、陽性であることが判明いたしましたので、以下の通り、ご案内いたします。

なお、所轄保健所による同拠点における濃厚接触者の認定はなく、感染者が勤務していた職場において、消毒清掃を実施済です。感染者と接触の多かった従業員は、全員体調の異常がなく、1月4日まで冬季休暇中であり、出社していない状況であります。

1.感染者の状況について

同従業員は、12月29日(火)に勤務終了し帰宅後に発熱しました。その後、解熱しましたが、自宅療養中に倦怠感が続いたため、1月1日(金)に病院を訪れたところ、PCR検査を受けることとなりました。その結果、新型コロナウィルス罹患(陽性)と診断されました。なお、症状も軽いため、病院から、2週間の自宅療養、外出禁止の指示を受けております。


2.職場での対応について

感染の拡大を防止するため、所轄保健所などと連携し、感染者が発生した拠点において、本日時点で以下の対応を取っております。


(1)当該拠点における感染者の行動履歴、濃厚接触者等について感染者への調査実施と、同拠点において感染者との濃厚接触者がいなかったことの確認(所轄保健所より「濃厚接触者なし」認定)

(2)感染者の職場を中心とした消毒作業の実施(完了済)


3.同拠点の稼働について

濃厚接触者もおらず、冬期休暇によって生産工程等も止めており、また消毒作業実施も終了させました。そのため、1月5日(火)からは、同拠点は通常稼働の予定としております。なお、感染者は、その他の当社拠点と接触がなかったことから、当社のその他の拠点は、通常通り業務を行っております。


4.今後について

同拠点において、感染者と接触が多かった従業員について、念のため抗原検査を実施いたします。社内外への感染拡大の抑止と従業員の安全確保を優先し、関係各所と連携し対応してまいります。地域住民の皆様、お取引先等関係者の皆様にご心配をおかけすることになり、心からお詫び申し上げます。本件については当社全グループに関わることとして受け止め、他拠点においても感染拡大防止に対するさらなる注意喚起と対策を進めてまいります。なお、今後も状況が変わる場合には、速やかに情報をご案内し、感染拡大の防止に取り組んでまいります。


ニュースに記載されている情報は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承下さい。



【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略統括部 山下・神村 
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation