事例紹介

基板修理 事例紹介

事例1: メーカーサービス終了品の基板修理

メーカーサービス終了品の基板修理

「サポート終了+生産中止品も対応可能」

【相談内容】

半導体製造装置が動かなくなり、製造メーカ―に問い合わせしたところ、メーカーサポートが終了しているため、対応できない。また、基板に搭載された故障部品も生産中止のため、入手できないとのことでした。

【提案内容】 

故障部品は、製品の基板解析を行って特定しました。部品は生産中止で入手できないため、同等の機能を持つ部品を選び部品交換を実施しました。

【結果】

装置の性能は変わらず、正常に動くようになりました。(製薬関連メーカー様)

プリント基板修理の詳細はこちら

事例2: 海外輸入製品の修理

海外輸入製品の修理

「海外製製品の品質トラブルを解決」

【相談内容】

海外製品を仕入れて販売したところ、品質トラブルが多く発生しました。海外メーカーに問い合わせしたところ、対応できないとのことでした。

【提案内容】 

製品の解析をしたところ、回路設計に不具合があり、ノイズが発生していました。基板にノイズ対応を施す改造を提案しました。

【結果】

製品の品質は安定し、その後、品質の不具合を起こすことはなくなりました。(海外製業務機器商社)

プリント基板修理の詳細はこちら

事例3: 仕様書・回路図のない製品の修理

仕様書・回路図のない製品の修理

「半導体製造装置の制御ユニットの通信不具合」

【相談内容】

半導体製造装置の生産管理を行っている制御ユニットの一部が通信できなくなった。

【提案内容】

 装置の故障原因を特定するため、レシーバー感度確認治具等を使用して、制御ユニットの光通信ファイバの出力レベルを解析しました。また、プリント基板回路の解析も行い、基板の挿入部品等に故障はないかを調べました。

【結果】

故障原因が特定できました。故障部位の部品を調達して部品交換を行うことにより、再び制御ユニットを通信可能な状態にしました。(半導体製造メーカー様)

プリント基板修理の詳細はこちら

事例4: プリント基板の改造復旧

プリント基板の改造復旧

「過電流による基板焼損修理」

【相談内容】

工作機械のモーターに負荷がかかり、過電流が発生して部品と基板が焼けて、機械が動かなくなりました。

【提案内容】

基板や部品が焼損して、修理が困難な基板を改造設計を施し、修理しました。

【結果】

工作機械に修理した部品を取り付けた結果、正常に動くようになりました。(工作機械メーカー様)

プリント基板修理の詳細はこちら

事例5: 新商品開発支援

新商品開発支援

「新商品に関わる解析データの提供」

【相談内容】

新商品開発の信頼性評価テストをしたところ、不具合が発生しました。その原因を解析してほしいと依頼がありました。

【提案内容】 

商品を解析した結果、部品を適正に配置するなど、基板設計を変更することを提案しました。

【結果】

基板設計変更を施した基板を作成し、信頼性評価テストを行った結果、クリアすることができました。(半導体製造装置メーカー様)

プリント基板修理の詳細はこちら

事例6: 生産中止部品の調達

生産中止部品の調達

「生産中止部品を海外ネットワークを活用し、調達可能に」

【相談内容】

自社商品のアフターサービス用の予備基板の在庫がなくなりました。基板の再製作を実施したところ、使用部品はすでに生産中止となり、基板製作ができなくなりました。

【提案内容】

日本国内において生産中止の部品は、 JOHNAN独自のネットワークを活用して調達しました。廃番または型番が変更となった部品に対しても、代替可能で、同じ機能の部品を提案しました。

【結果】

予備基板の製作が可能となりました。当社は世界中からの部品調達が可能です。
(産業機械、工作機械製造メーカー様)

プリント基板修理の詳細はこちら

事例7: 生産中止部品の修理支援

生産中止部品の修理支援

「他社製の同等部品を活用した部品交換」

【相談内容】

製造メーカーに修理を依頼したが、メーカーサポート期間が終了し、また交換部品が生産中止のため、修理できない状態で困っておられた。

【提案内容】

当社で調査した結果、交換部品は他社製部品でも使用可能であると判明した。お客様には他社製の同等部品を使用した修理を提案した。

【結果】

修理したところ、機器は正常に動き、現在もトラブルなく稼働している。お客様から大変評価され、現在もリピート製品のご依頼を頂いている。

プリント基板修理の詳細はこちら

事例8: 基板の改造復旧

基板の改造復旧

「基板の改造復旧」

【相談内容】

海外製品のため、他の製品と異なる症状が発生する。どのように 改善すればよいか、教えてほしい。

【提案内容】

解析の結果、瞬間的に部品にかかる電圧が規格値を超えていたため 発生していることが分かった。部品の改造を提案した。当社の方で改造をご提案させて頂いた。

【結果】

商品の改造・出荷検査(出荷試験)の結果、不具合が解消された。大変 評価頂き、毎月十数台の改造を依頼頂くようになった。

プリント基板修理の詳細はこちら

事例9: 装置の予防措置

装置の予防措置

「装置の予防措置」

【相談内容】

過去、修理した基板の予備措置を講じたい。対応方法を教えてほしい。

【提案内容】

基板のオーバーホールと今後のリスク対策として、予備パーツを持つことを 提案した。

【結果】

部品解析の結果、交換部品のオーバーホールを行い、納品した。大変評価頂き、予備基板の製作も検討して頂いた。(電機部品製造業者様)

プリント基板修理の詳細はこちら

基板修理のお問合せ

電話でのお問合せ

関東:03-6868-5706
中部:052-766-6889
関西:06-7878-8689※京都本社に転送されます

メールでのお問合せ

修理部品の送付先

テクニカルリペアセンター

所在地: 〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1-28
担当者: 萩原・松嶋
連絡先: TEL:0774-74-8412 FAX:0774-74-8414

その他のお問合せはこちら