「バリ取りロボットシステム」が日本産機新聞に掲載されました

「バリ取りロボットシステム」が、日本産機新聞7面(7月20日)に、複雑形状の鋳物やアルミダイカスト等のバリ取り自動化製品として紹介されました。

技術者の高齢化や技能者不足が問題化している製造現場に対して、当社はバリ取り工程の自動化を図ることで、製品品質の安定に貢献します。生産ラインや製品仕様に合わせて、高品質なバリ取りロボットシステムを、短納期で製作いたします。バリ取りの自動化に関するお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

webページ「バリ取りロボットシステム」
https://www.johnan.com/product/robot/deburring/

当社は、複雑形状部品のバリ取り工程自動化により、お客様の想いを製品にして社会に実装いたします。

■関連リンク
製品仕様: https://www.johnan.com/product/robot/deburring/ar-specification/


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 企画管理統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

編集工学研究所ウェブサイトに、当社の記事が紹介されました

このたび、2019年から2020年までの2年間にわたり社内プロジェクトとして実施した、当社の「JOHNANらしさ探求プロジェクト」についての記事が、編集工学研究所ウェブサイトで紹介されました。

当社は、創業者思想からJOHNANを作ってきた価値観(らしさ)を改めて学び、その「JOHNANらしさ」を未来にどのようにつなげ、描くかをテーマに、「JOHNANらしさ探求プロジェクト」を実施しておりました。編集工学研究所は、本プロジェクトを進めるにあたり、「創業者の価値観」を言語化し、それらを紹介する小冊子や絵本の制作等をご支援くださいました。

編集工学研究所ウェブサイト WORKS(事例紹介)
”創業者さまの価値観から「会社らしさ」を定義”
https://www.eel.co.jp/works/johnanroots

当社は、今後も「JOHNANらしさ」を大切にしながら、お客様の想いを製品にして、社会に実装するものづくりサービスを、提供してまいります。

■関連リンク
・編集工学研究所ウェブサイト
・絵本「かこむ・みる・つくる」


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 企画管理統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

経営者様向け情報誌『経営情報』2021年6月号に掲載されました

「経営情報」は、日本生命の営業職員が中小企業経営者を定例訪問する際の持参用ツールとして1970年に創刊されました。現在、発行部数は毎号約27万部。企業の「『現在』と『未来』をつなぐ経営情報誌」をコンセプトに経営者の役に立つ誌面づくりを目指されています。

「経営情報」2021年6月号の、事業承継のエピソードや代表交代後の取り組みなどを紹介する連載記事「バトンリレー」に、当社の代表取締役社長兼CEO 山本光世のインタビューが紹介されました。ご覧いただければ、幸いです。

当社は、お客様の想いを製品にして、社会に実装するものづくりサービスを提供してまいります。


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 企画管理統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOL」が日本産機新聞6面に掲載されました

産業用水中ドローン(ROV)「 MOGOOL 」が 、 日本産機新聞6面(5月20日)に水中の課題を解決する製品として掲載されました。

現在、産業用水中ドローン(ROV)は、社会的な需要が高まっています。潜水士の高齢化・減少、地球温暖化に伴う海洋生態系の変化、漁場の移動、社会インフラの老朽化、海洋エネルギー資源の調査等、水中課題は様々です。当社は、日本の水中課題を解決するため、スマートアンダーウォーターソリューション事業を展開しています。

当社は今後も本製品を通じて、様々な水中の課題解決に貢献し、お客様の想いにお応えするものづくりサービスを提供してまいります。

■関連リンク

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」
産業用水中ドローン( ROV )の販売店募集



【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 企画管理統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

秋田テレビにて産業用水中ドローン(ROV)で撮影した
映像が紹介されました

このたび、秋田テレビのクイズ番組「青森・秋田わらしっこ対決 みんな知ってる海!」で、当社の産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOL-PRO」が撮影した映像が紹介されました。

本番組は、秋田県と青森県の各代表者5名の小学生が、それぞれチームになり対戦するクイズ番組です。
当社は、スラスターが高出力を誇る「MOGOOL-PRO」を用いて撮影した、青森県海峡(深度100m)にある人工魚礁の映像を、秋田テレビに提供いたしました。 この内容は、公益財団法人日本財団「海と日本PROJECT」のYouTubeでも配信されておりますので、ぜひご覧ください。

■秋田テレビ「青森・秋田わらしっこ対決 みんな知ってる海!」
放映日:2020年11月22日(日)午後4時~
出 演:小島よしお  西谷麻糸呂


■青森県海峡の深度100mの人工魚礁の撮影映像
https://www.youtube.com/watch?v=xU0uNl_82Z8


水中作業の課題解決に興味のある方や、今後産業用水中ドローン(ROV)の導入をご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。当社は、水中作業における様々な課題解決のため、今後も現場ニーズに対応する技術提案を通じて、お客様の想いを製品にして社会に実装いたします。

■関連リンク

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」
産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」漁業関連ウェブサイト
産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」製品紹介動画


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

新樹社 月刊雑誌「月刊トライボロジー12月号」に掲載されました

ナノトライボロジー その場計測装置

このたび、当社のナノトライボロジーその場計測装置が、新樹社月刊雑誌「月刊トライボロジー12月号」に掲載されました。

本誌では、本装置について、「極狭すき間のその場計測が可能な計測装置」として紹介され、製品仕様や測定する対象物等について詳しく掲載されております。ぜひご覧いただけると幸いです。


株式会社新樹社 「月刊トライボロジー」ホームページ
https://tribology.press-shinjusha.co.jp


本装置は、従来の計測技術では不可能だった極狭間隙のその場計測を実現します。速度・荷重可変下で 摺動試験の「その場」を可視化と数値化します。お客様の研究課題について、当社デモ機にて実験し、 検証していただくことも可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

当社は、本装置を提供し、様々な計測に関するお客様のご要望を製品にして、社会に実装いたします。

■関連リンク

当社ウェブサイト「ナノトライボロジーその場計測装置」

マシナリー&ヘルスケア・アプライアンスカンパニー東大阪事業所


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

当社の「ナノトライボロジーその場計測装置」が日刊工業新聞に掲載されました

ナノトライボロジー その場計測装置

当社の「ナノトライボロジーその場計測装置」が日刊工業新聞の朝刊9面に掲載されました。

10月21日、当社は日刊工業新聞の朝刊に「従来のエックス線(X線)技術では困難だった、約10ナノメートル(ナノは10億の1)の隙間をその場で計測できるナノトライボロジーその場計測装置のデモ機」を開発した企業として紹介されています。

本製品は、本来のトライボロジーで扱う「相対運動しながら互いに影響を及ぼしあう二つの表面の間に起こる現象」をその場計測するために、新たな計測方法を用いた装置です。本製品の特長としては、従来の計測技術では不可能だった極狭間隙のその場計測を実現し、速度・荷重可変下で摺動試験の「その場」を可視化と数値化したことです。また、代替材料によらない実素材同士でのトライボロジー現象を計測することができます。

当社は本製品を通じて、お客様の様々な研究の課題解決に貢献してまいります。

■関連リンク

日刊工業新聞 朝刊9面(掲載日:2020年10月21日)「10ナノの隙間「その場」計測 JOHNANがデモ機 実際の材料 使用可能に」
・当社ウェブサイト「ナノトライボロジーその場計測装置」


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

当社の「バリ取りロボットシステム」が日刊工業新聞に掲載されました

当社の「バリ取りロボットシステム」が日刊工業新聞の朝刊8面に掲載されました。

9月11日、当社は日刊工業新聞の朝刊に「ワーク(加工対象物)の6面加工が可能で、短時間かつ最小限の段取り替えで、複雑なバリ取りを行い、他社が敬遠する形状の複雑な多品種少量製品向けバリ取りロボットシステム」を開発した企業として紹介されています。

本製品は、複雑形状の加工品で発生するバリ取りに特化したシステムです。従来、機械が行うには複雑で困難であったバリ取りの箇所も、ロボットで行うことができ、安定した高品質のものづくりサービスが提供できるようになりました。また、製品の加工精度や仕上り品質を、シミュレーションにより事前にご確認いただくことも可能です。

当社は本製品を通じて、作業者不足や新型コロナウイルス感染症リスク低減等に伴う生産現場でのバリ取りに関する機械作業のニーズにお応えすることで、社会実装に貢献してまいります。

■関連リンク

・日刊工業新聞 朝刊(掲載日:2020年9月11日)「バリ取りロボシステム開発 JOHNANアルミダイカスト向け」
・当社ウェブサイト「バリ取りロボットシステム」


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営企画本部 経営戦略統括部 山下 賢
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

起業志望者・起業家向け動画ラーニングメディア「起業tv」に、当社代表取締役社長兼CEO 山本光世が出演する動画が掲載されました(最終回)

当サイトは、起業家やベンチャーへの興味関心を高める「起業家インタビュー」、事業創造、組織創造、イノベーションを学ぶ方に役立つ「注目キーワード」、専門家からの学びを手軽に受けることができる「専門家レクチャー」を中心に構成され、これらのコンテンツを通じて、起業志望者や起業家に対して学びや行動の動機付けとなる機能を高め、その影響範囲を広めることを目指しています。
本サイトの中で、先人たちから学ぶ「起業家インタビュー」に出演し、これから起業しようとされるかたへのメッセージを発信しております。
これまでの2回にわたる発信に続き、今回は3回目(最終回)の出演となり、「オープンイノベーションに取り組む背景と今後の成長戦略」と「視聴者へのメッセージ」について、お話させていただきました。
みなさまにもぜひご覧いただきたく、ご案内いたします。


■関連リンク


「起業tv」ウェブサイト

・今回(3回目)発信の動画
基板修理に取り組む会社が、プリント基板がなくなる事業に取り組む?JOHNAN株式会社・山本CEOが描く3つの成長戦略
(https://kigyotv.jp/interview/johnan-3/)

・1回目発信の動画
受託製造会社から一転、JOHNAN株式会社・山本CEOが語る「オープンイノベーションに取り組むことになった背景」
(https://kigyotv.jp/interview/johnan/)

・2回目発信の動画
1962年創業、JOHNAN株式会社・山本代表が考える「事業承継における3つの課題」
(https://kigyotv.jp/interview/johnan-2/)


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略部 戦略企画課 田渕浩子
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

起業志望者・起業家向け動画ラーニングメディア「起業tv」に、当社代表取締役社長兼CEO 山本光世が出演する動画が掲載されました(2回目)

当サイトは、起業家やベンチャーへの興味関心を高める「起業家インタビュー」、事業創造、組織創造、イノベーションを学ぶ方に役立つ「注目キーワード」、専門家からの学びを手軽に受けることができる「専門家レクチャー」を中心に構成され、これらのコンテンツを通じて、起業志望者や起業家に対して学びや行動の動機付けとなる機能を高め、その影響範囲を広めることを目指しています。
本サイトの中で、先人たちから学ぶ「起業家インタビュー」に出演し、これから起業しようとされるかたへのメッセージを発信しております。
前回(7月2日公開)の発信に続き、今回は2回目の出演となり、「事業承継において大切なこと」および「京都ものづくりバレー構想」について、お話させていただきました。
みなさまにもぜひご覧いただきたく、ご案内いたします。
なお、本番組は、第3回まで掲載される予定です。


■関連リンク


「起業tv」ウェブサイト

・今回(2回目)発信の動画
1962年創業、JOHNAN株式会社・山本代表が考える「事業承継における3つの課題」 (https://kigyotv.jp/interview/johnan-2/)

・1回目発信の動画
受託製造会社から一転、JOHNAN株式会社・山本CEOが語る「オープンイノベーションに取り組むことになった背景」 (https://kigyotv.jp/interview/johnan/)


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略部 戦略企画課 田渕浩子
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation