キャリアアップ支援

特長 サービス内容 お客様の声

キャリアアップ支援サービス

2015年9月改正労働者派遣法への対応支援を全面的にサポートします

当社は、製造業の従業員(派遣社員)に対するキャリアアップ支援を提供します。ご要望に合わせて、最適なセミナーをリーズナブルな価格で提供します。労働者派遣法の改定に伴うお客様の教育経費の軽減に貢献します。

特長・強み

気軽に受講して頂けるセミナーを提案

 気軽に受講して頂けるセミナーを提案

労働者派遣法の改定により派遣社員のキャリアアップ支援が義務化された中、派遣社員の方や勤務されている方でも気軽にご利用いただけるように低価格で受講サービスを提供します。

製造現場の精通した講師による実践的なセミナー

製造現場の精通した講師による実践的なセミナー

講師は大企業の製造現場で3現重視(現場・現物・現実)を実践してきた、経験豊かな技術部長、工場長が行い、現場で即活用できる、わかりやすい講義を行います。

複数のセミナーから最適なものを選択

複数のセミナーから最適なものを選択

セミナー内容は、ご要望に合わせて、管理系、品質管理系、改善ツール系をご用意しています。セミナーは、複数のものを組み合わせて、受講することも可能です。様々なご要望に柔軟に対応可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

サービス内容

講習場所
御社の指定場所(弊社社屋でも可能です)

講習料金
4時間コース 5,000円/1人  (10名以上(相談可能)/1回講習)
8時間コース 9,000円/1人  (5名以上/1回講習)

下記のセミナーコースの中から必要なセミナーをお選び下さい。複数のセミナーを選ばれる場合は組み合わせて対応致します。 なお、遠方における講習は、別途交通費や宿泊費が発生する場合があります。あらかじめ、ご了承願います。

様々なご要望に柔軟に対応致しますので、詳しくはホームページのお問い合わせ先またはお電話でご連絡下さい。

セミナーコース内容

管理系科目

1.目標管理

概要 MBO(目標による管理)の本来の意味の紹介と、自身による目標設定、管理方法の取り組み方を具体的に紹介。
所要時間 4時間

2.PDCAの進め方

概要 改善プロジェクトを成功させるためのPDCAの進め方について、失敗例を参考にしながら各ステップごとにあるべき取組み方を具体的に紹介。
所要時間 2時間

3.リーダーの役割とは

概要 ものづくり現場の第一線監督者、リーダーに求められる役割を、お客様と職場の視点でわかりやすく説明し、何を最も大切にすべきかを解説。
所要時間 2時間

4.原価と生産管理の基礎知識

概要 原価構成、変動費、固定費等の原価の基礎知識及び損益分岐点の見方と、生産現場での生産管理活動の全体像について紹介。
所要時間 2時間

5.不安全行動と対策

概要 現場での事故発生の仕組みを解説し、その予防と対策方法について具体的に紹介。
所要時間 2時間

6.設備保全の基礎知識

概要 設備の6大ロスの内容とその対策となる設備維持管理活動について、具体的に設備自主保全の進め方について紹介。
所要時間 2時間

7.安全管理の基本

概要 労働契約法に基づく会社としての安全配慮義務の具体的内容の説明と第一線監督者としての役割について紹介。
所要時間 2時間
品質管理系科目

1.品質管理の基礎

概要 生産現場に携わるオペレーターとして、心得ておくべき品質および品質管理の基本について、わかりやすく説明。
所要時間 2時間

2.QC七つ道具と活用法

概要 QC七つ道具の概要説明とデータの取り方およびサンプリングの重要性について説明。
所要時間 4時間

3.新QC七つ道具と活用法

概要 言語データの分析ツールである新QC七つ道具の特長と、それぞれの具体的な使い方について説明。
所要時間 4時間

4.QCストーリーと改善の進め方

概要 品質問題の解決に向けた活動の手順、およびその具体的なアクションの方法について説明。
所要時間 4時間
改善ツール系

1.ナゼナゼ分析手法の進め方

概要 問題発生の真の原因究明に向けた、ナゼナゼ分析の展開方法について、具体例を用いて注意点やテクニックのポイントを説明。
所要時間 4時間

2.IE手法活用によるムダ・ロスの改善

概要 ムダ・ロスとは何かについてわかりやすく説明し、そのムダ・ロスの抽出方法であるIE手法を具体的に説明。
所要時間 4時間

3.5S活動の狙いと進め方

概要 5S活動の真の目的及びその重要性と、5Sそれぞれの具体的活動の進め方、および活動事例について説明。
所要時間 4時間

4.FMEA(工程)の進め方

概要 量産段階前に問題を識別し、体系的に予防するFMEAの具体的な内容と、具体的な進め方にのステップについて説明。
所要時間 4時間

5.ヒューマンエラー対策(ポカ除け)

概要 システムを構成する基本要素「人」「設備」「材料」「方法」の中で、最大のバラツキと考えられる「人」について、
ヒューマンエラーの種類と具体的な対策方法について説明。
所要時間 4時間

お客様の声(研修アンケートより)

5S活動の狙いと進め方

・事例が多く分かりやすかった。一つひとつの説明が分かりやすかった
・ゆっくりとした語り口調だったので頭に入りやすかった。
・文字だけでなく絵も一緒にあったので分かりやすかった。
・安全対応は生産効率アップへの相乗効果があることが分かった。
・安全対策としてのヒヤリハット対策の重要性が分かった。
・安全の心得はためになった。
・リスクアセスメントの具体例があれば良いと思った。

安全管理の基本

・事例が多く分かりやすかった。
・5Sのチェックリストの考え方が勉強になった。
・5Sを定着させるための必要事項が参考になった。
・「整頓」のレベルの図があり、分かりやすかった。
・5Sの真の目的が理解できた。
・記憶がよみがえり、面白くも楽しくもありました。
・QCDの説明が良く分からなかった。
・もう少し改善事例の話を聞きたかった。

お気軽にご相談ください。
どんなお問い合わせにも
しっかりと対応いたします。

お電話でのお問い合わせ
(平日8:15〜17:15 担当:中野)

0120-63-2025