2013年入社
財務部 経理課
林 佑樹

入社のきっかけ

前職の金融機関にて、経理や財務部門の業務が、企業の経営において重要な役割を担っていることを知り、興味を持ったのが転職を考えたきっかけです。
経理業務だけでなく、管理会計や税務、資金業務といった、幅広い知識や能力を身につけ、将来的には、財務戦略や経営戦略の提言により、会社の経営に関わっていくような仕事がしたいと思うようになりました。そういった私の想いとJOHNANの財務部の業務内容が一致していたため、採用試験を受けました。

現在の仕事内容

「経理」「資産」「管理会計」の業務を主に担当しています。
経理業務は、月次決算の取りまとめや、年次決算業務を行っています。
資産業務は、資産の取得や廃棄、移動の際、各事業部からまわってくる稟議の審査や判定を行います。会社に資産を正しく導入し、適切に管理していくことを意識しています。
管理会計の業務は、年間の事業計画や修正計画を取りまとめたり、月次で経営数値をまとめた資料を作成しています。
また会社の成長や将来に向けたプロジェクトも行っており、非常に良い経験ができています。休日にはサッカーやバス釣りをすることでリフレッシュし、仕事のON-OFFのメリハリをつけています。

入社のきっかけ(2013年入社 財務部 経理課 林 佑樹)

1日のスケジュール

8:15〜8:30 始業・朝礼
8:30〜10:00 資産業務(稟議審査、検収報告書処理、資産登録等)
10:00〜10:10 休憩
10:10〜11:00 部内打合せ、業務進捗確認、方針検討
11:00〜12:10 保険関係業務
12:10〜13:00 昼食・清掃
13:00〜15:00 管理会計資料作成
15:00〜15:10 休憩
15:10〜17:15 プロジェクト業務、提案資料作成
17:15 退社

仕事のやりがい

最近は、プロジェクト関係の業務を行っている時にやりがいを感じます。また、業務を通して会社の経営や将来に係わっているという実感も持つことができます。
もちろん、責任も大きく、明確な答えがないことも多いので、1から自分で考え、分析し、形にしていくことも多く大変なこともあります。その分、私の提案や説明に対し、経営陣の方々や関係者にご理解・納得いただけた時の喜びは大きいです。
重要な業務も任せていただけることが単純にモチベーションアップにつながりますし、そこで成果を出すと、また仕事を任せてもらえるという良い循環が生まれています。

今後の目標

会社の経営を経理・財務面からリードしていける人材になること、またそうした部を作り上げることです。
財務部の業務は奥が深く、何年働けばマスターできるというものではないですが、まずは業務を一通り習得し、専門性を高め、経営に活かせる状態になることを意識しています。
また、部下や業務をマネジメントする能力を養い、ミスなく業務を遂行することはあたりまえの状態としたうえで、経理・財務的な視点から事業部門や経営陣に対して、助言や提案を行える部にしていきたいと考えています。
4月からネクストリーダーズプログラムという社内研修に参加することになりました。将来を見据えた能力開発や有益な経営戦略の提言を行いたいです。

仕事のやりがい(2013年入社 財務部 経理課 林 佑樹)

自分が成長するために必要なこと

積極性:入社以来、上司に「何かやること、できることはありませんか?」という声かけを行い、新しい仕事をいただけるよう働きかけました。あたりまえですが、新しい仕事をするためには時間を作ることが必要です。優先順位を決めたり、効率的に業務を行う方法を考える、時には必要のない業務と判断しやめてみたりと、自身の業務を見つめ直すことも重要だと思います。

チャレンジすること:難易度の高い業務や答えを導き出す業務が増えてきました。何事も、やらないことにはできるようになりません。初めから無理と決めつけずに、まずやってみるという姿勢を大切にしています。仮に壁にぶち当たったり、つまずいたりしても、考え、分析し、工夫しながら困難な状況を打開していく過程も成長につながると思います。

OFF-JTの取り組み:最近は経営戦略や仕組みづくり、マーケティング関係、働き方に関する本を読む機会が増えました。変化の激しい状況だからこそ、仕事以外の部分で、今後の会社の方向性や、キャリアビジョンを実現するために必要な力をつけることが重要だと感じるようになりました。今後も将来を見据えた自己啓発を継続していこうと思います。

育児休暇について(2013年入社 財務部 経理課 林 佑樹)

入社を検討される方へ

最近の経験では、将来的に目指すべき財務指標を経営陣に提案し、納得いただけたということがありました。私がJOHNANで働くなかで嬉しく感じていることは年齢や経験に関わらず、意見を聞いてもらえる環境があること、やる気、意欲のある人はチャンスを与えてもらえることです。現在JOHNANは更なる成長に向け、大きな変革期を迎えています。新しいことにチャレンジしたい!仕事を通じて成長したい!という方にはぴったりな会社だと思います。健康経営やワークライフバランスへの取組みも推進しており、従業員それぞれの事情に応じた働き方ができる企業風土もあります。

JOHNANのよいところ(2013年入社 財務部 経理課 林 佑樹)