「第25回 医工ものづくりサロン」登壇のご案内

11月12日(火)に開催される「第25回 医工ものづくりサロン」に、当社取締役執行役員の紅林倫太郎が登壇します。

本サロンでは、「医療機器開発に於けるオープンイノベーション」をテーマに、講師陣による講演がなされます。
当日は、他社様方のご講演に加えて、当社 紅林が登壇し、「我が社のオープンイノベーション支援」と題してJOHNANのオープンイノベーション支援に関するお話をさせていただきます。

■開催日時

2019年11月12日(火)13:00~17:30

■開催場所

一般財団法人高度技術社会推進協会(TEPIA)地下一階会議室(東京都港区北青山2-8-44)

■外部リンク

第25回 医工ものづくりサロン案内ページ:http://www.ikou-commons.com/t_info/iko_salon/salon25/


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略部 戦略企画課 田渕浩子
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都 事前ミニイベント第3弾のご案内

「医療機器×再生医療 医療機器メーカーの再生医療に対する取り組みとオープンイノベーション」


京都大学の山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞した2012年から7年経った現在、再生医療の分野は、臨床現場での新たな治療の選択肢として期待が高まっており、市場の急速な拡大が予想されています。それに伴い、現在国際競争が激化している状況にあります。


こうした中、アステラス製薬は新たな治療手段として再生医療や細胞医療を注力分野に位置づけ、研究開発・商業化に向けた取り組みを推進しています。2016年には眼科領域における細胞医療で世界トップレベルの能力を有する米国オカタ社を買収、名称を変更しAstellas Institute for Regenerative Medicine (AIRM)としました。現在、再生医療・細胞医療の中核拠点としてAIRMのリノベーションを進めるなど、細胞医療製品の商業化を加速していくための基盤強化を図っています。


2020日米医療機器イノベーションフォーラム京都 事前ミニイベント第3弾では、アステラス製薬で再生医療の戦略立案と具現化を担当されている矢野 信也 専任理事をお迎えし、医療機器開発にも関わりのある再生医療の事業化における課題と取り組みについて、オープンイノベーションの観点も含めてお話し頂く予定です。
少人数のイベントで、参加者との意見交換も含めた形でセッションを行うことで、エコシステム構築に向けた新たな知見を得る機会にしたいと考えております。


再生医療の事業化に関心のある皆さま、オープンイノベーションの在り方について関心のある皆さまのご参加をお待ちしております。


■日時

2019年9月27日(金)18:00-21:00

■場所

京都リサーチパーク たまり場
京都市下京区中堂寺南町134KISTIC 2階
https://www.krp.co.jp/tamari-ba/access/

■プログラム予定

18:00 受付開始
18:30 開会挨拶
18:40 プレゼンテーション+ディスカッション
[登壇者]
 矢野 信也 (アステラス製薬株式会社 製品戦略部 専任理事)
 紅林 倫太郎 (JOHNAN株式会社 取締役執行役員)
20:00 懇親会
21:00 終了

【登壇者略歴】

矢野 信也 氏
アステラス製薬株式会社
製品戦略部 専任理事 再生医療担当 薬学博士

1985年旧山之内製薬(現アステラス製薬)に入社し、生物科学研究所などでバイオ医薬品の研究に従事。その後研究開発スタッフとして、導入・提携評価、ポートフォリオマネジメントなどに従事。製品戦略機能の立ち上げ、企業合併時におけるポートフォリオの融合に携わる。2009年よりシリコンバレーにてAstellas Venture Management のPresident & CEO としてベンチャー投資に従事、イノベーションの取り込みに注力した。2012年に帰国後は、製品戦略部科学性評価グループを率いる傍ら、アステラス製薬における再生医療の立ち上げに従事、2015年からは再生医療の戦略立案と具現化に専念している。

紅林 倫太郎 氏
JOHNAN 株式会社
取締役執行役員 マシナリー&ヘルスケア・アプライアンスカンパニー カンパニー長

1998年NECに入社し、海底ケーブル通信システムの基盤技術開発を担当。MIT Sloan Schoolにて技術経営を学んだ後、基幹系通信機器用ソフトウエアを北米のベンチャー企業と共同開発するプロジェクトのマネジメントを担当、その後米国法人にて北米向け通信機器の商品企画に従事。2010年 JOHNANに入社後、新事業開発及びグループ全体のマーケティング、コーポレート戦略を歴任。その後人事・財務・総務部門の統括責任者を経て、現在、自動化・省力化機器の設計・受託製造及び医療機器ODM/OEMの事業を担当している。医療機器受託開発では、Triple Ring Technologiesとの協業やベンチャー企業の開発支援など、受託開発と製造の受け皿としてイノベーションの支援を主導している。

■参加対象

医療機器ビジネスへの参入を検討されておられる方
ヘルスケア分野のオープンイノベーションに関心のある方
事業会社、スタートアップ、学生、研究者等
*本イベントや、「日米医療機器イノベーションフォーラム」に無関係と思われる方からの申込については、お断りする場合がありますことを予めご了承ください

■参加費

無料

■定員

50名 *応募者多数の場合は抽選となりますことを予めご了承ください

■お申込先

https://medtech03.peatix.com/

■主催

JOHNAN株式会社

■本イベントに関するお問い合わせ

JOHNAN株式会社 担当:上野敏寛
E-mail:

(注)『日米医療機器イノベーションフォーラム』とは
米NPO法人であるUS Japan Medtech Frontierと日本の都道府県などが主催者として企画するフォーラムで、2014年より毎年11月に開催されています。日米の医療機器開発・事業にかかわる企業、医療関係者、スタートアップやアカデミア、投資家などによる講演やパネルディスカッションを通じて、日本の医療機器ビジネスの課題や障害を明らかにするとともに、今後の開発ニーズの見通しを探ることなどを目的としております。また本フォーラム前後は、学生とシリコンバレーからの参加者との懇親会や、Link-Jなどが主催されるピッチコンテストなどのイベントが1週間にわたって開催されるMedtech Weekとなっています。

■参考リンク

US Japan Medtech Frontiers
アステラス製薬株式会社
JOHNAN株式会社


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略部 戦略企画課 田渕浩子
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

起業志望者・起業家向け動画ラーニングメディア「起業tv」に、当社代表取締役社長兼CEO 山本光世が出演する動画が掲載されました(最終回)

当サイトは、起業家やベンチャーへの興味関心を高める「起業家インタビュー」、事業創造、組織創造、イノベーションを学ぶ方に役立つ「注目キーワード」、専門家からの学びを手軽に受けることができる「専門家レクチャー」を中心に構成され、これらのコンテンツを通じて、起業志望者や起業家に対して学びや行動の動機付けとなる機能を高め、その影響範囲を広めることを目指しています。
本サイトの中で、先人たちから学ぶ「起業家インタビュー」に出演し、これから起業しようとされるかたへのメッセージを発信しております。
これまでの2回にわたる発信に続き、今回は3回目(最終回)の出演となり、「オープンイノベーションに取り組む背景と今後の成長戦略」と「視聴者へのメッセージ」について、お話させていただきました。
みなさまにもぜひご覧いただきたく、ご案内いたします。


■関連リンク


「起業tv」ウェブサイト

・今回(3回目)発信の動画
基板修理に取り組む会社が、プリント基板がなくなる事業に取り組む?JOHNAN株式会社・山本CEOが描く3つの成長戦略
(https://kigyotv.jp/interview/johnan-3/)

・1回目発信の動画
受託製造会社から一転、JOHNAN株式会社・山本CEOが語る「オープンイノベーションに取り組むことになった背景」
(https://kigyotv.jp/interview/johnan/)

・2回目発信の動画
1962年創業、JOHNAN株式会社・山本代表が考える「事業承継における3つの課題」
(https://kigyotv.jp/interview/johnan-2/)


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略部 戦略企画課 田渕浩子
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

日米医療機器イノベーションフォーラム2020に向けた事前ミニイベントのご案内

2014年より毎年開催されている日米医療機器イノベーションフォーラムについて、来たる2020年は、京都にて開催されることになっており、今回は2020年のフォーラムに向けて、事前のミニイベント(第1回目)を開催いたします。
テーマは、本フォーラムでも開催当初から取り上げられてきた「オープンイノベーションエコシステムによる医療機器開発」です。

今回のミニイベントでは、医療機器の事業化における課題や視点について、投資家、事業化支援、それぞれの立場から知見を共有いたします。ディスカッションをとおして、皆様の課題解決や事業化の成功確率を高めることのお役に立てれば幸甚です。

皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。


■日時:2019年4月17日(水)、18時30分開始、21時終了(軽食をご用意いたします)
■会場:Kyoto Research Park たまり場 京都市下京区中堂寺南町134KISTIC 2階
■参加費:無料
■詳細ページへのリンク:https://medicalfourm1.peatix.com/view


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略部 広報企画課 宮崎功美恵
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation

2018年度宇宙探査オープンイノベーションフォーラム ポスター展示のご案内

当社は、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)の「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」の研究提案募集に採択され、京都大学・松野研究室とJAXAとの共同研究に取り組んでいます。

宇宙探査イノベーションハブでは、その活動にフィードバックをかけることを目的として、企業、大学、研究機関の関係者等を対象に、挑戦しようとしている課題や参画企業の研究活動とのマッチングを探るための意見交換を「宇宙探査オープンイノベーションフォーラム」として定期的に開催しています。

次回フォーラムにおいて、当社はポスター展示を行い、京都大学・松野研究室と共同研究している惑星広域探査を想定した多数のロボットの分散協調技術、および、その研究成果の地上における活用例として製造工場等の物品供給システムに関して、JOHNANイノベーションラボ 先端技術研究所所長・森山(東京会場)または事業推進部長・中原(大阪会場)が、ご説明いたします。

東京会場、大阪会場ともに、みなさまのご来場をお待ちしております。

【東京会場】

■ 日時
2019年1月31日(木) 13:00~18:00

■ 会場
ステーションコンファレンス東京5階 (外部サイト)
(〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー5階)
*ポスター展示は『503ABC』において開催しています。

■ 定員
200名、※事前登録制

■ 当社ポスター展示の説明者
JOHNANイノベーションラボ 先端技術研究所所長・森山孝三

【大阪会場】

■ 日時
2019年2月21日(木) 13:00~17:00

■ 会場
大阪イノベーションハブ (外部サイト)
(〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階)

■ 定員
80名、※事前登録制→登録受付の専用サイトは現在準備中です。

■ 当社ポスター展示の説明者
JOHNANイノベーションラボ 事業推進部長・中原林人

■ 太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブについて

「科学技術イノベーション総合戦略2014」(平成26年6月24日閣議決定)の中で、公的研究機関の「強み」や地域の特性を生かして、イノベーションハブの形成に取り組むことが求められたことを受け、JAXAでは平成27年4月1日に「宇宙探査イノベーションハブ」を新たに設置。同年、科学技術振興機構(JST)の事業であるイノベーションハブ構築支援事業に本オープンイノベーションハブが採択されました。本イノベーションハブでは、様々な異分野の人材・知識を集めた組織を構築し、月・火星など重力天体での探査について、地上・宇宙における技術を融合させ、産業界や大学とともに革新的な宇宙探査技術の開発及び宇宙・地上双方への成果の応用を目指しています。

宇宙探査イノベーションハブ

【関連リンク】
■ 宇宙探査イノベーションハブホームページ:http://www.ihub-tansa.jaxa.jp/

■ 京都大学・松野研究室ホームページ:http://www.mechatronics.me.kyoto-u.ac.jp/

■ JOHNANイノベーションラボ(JIL)ホームページ:https://www.johnan.com/innovation-labo


【お問い合わせ先】
JOHNAN株式会社 経営戦略部 広報企画課 田渕浩子
〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1番地28
TEL:0774-74-8003 FAX:0774-74-8002
JOHNANホームページ: https://www.johnan.com
Facebook: https://www.facebook.com/johnan.corporation