バリ取りロボットシステムのよくある質問

バリ取りロボットシステムのよくあるご質問

MENU

よくあるご質問にお答えします。


バリ取りロボットシステムについて、お客様からよく頂くご質問(本製品の対象となる材質、サイズ、導入までのプロセス、納期、テスト加工等)をご紹介します。本ページで不明点が解決しない場合は、お気軽にお問い合わせください。

1. 製品について

導入までのプロセスを教えて下さい。

当社ではお客様のご要求(品質・タクトタイム等)をもとに、テスト加工を行い、実物の仕上り具合をご確認いただいた上で最適な装置仕様をご提案いたします。お客様が製品の加工品質をご納得の上で導入を検討していただきます。

導入までのプロセスは、こちら

納期はどのくらいかかりますか。

短納期の導入を目指しています。詳しくは、お問い合わせください。

短納期での導入は、こちら

価格はいくらですか。

価格については、お問い合わせ下さい。

テスト加工は対応可能ですか。費用はかかりますか。

当社では装置のテスト加工を行うことにより、事前に装置の加工精度や品質をご確認いただけます。また、装置導入時の品質確認作業も軽減することもできます。なお、お客様のワークによっては、加工費用も頂く場合がございます。社内にテスト加工用のデモ機と検証実験室がありますので、お気軽にお問い合わせください。

テスト加工による事前検証

要求品質は、どのように確認しますか。

お客様によって製品の要求事項は異なります。当社では、原則テスト加工を実施させて頂き、事前に品質をご確認して頂きます。

新たに品種が増えた場合、ティーチングは自社で行うことができますか。

御社でティーチングを行って頂いても結構ですが、問題が発生した場合は、当社では責任を負う事が出来ません。

2. 製品仕様

1回で複数個のバリ取りをすることはできますか。

はい、できます。加工テーブルに複数個の治具を固定することにより対応可能です。

多品種は、何種類まで対応することができますか。

.本製品はお客様のご要望に合わせ、品種登録数をカスタマイズ可能です。

品種が増えると治具の数は増加しますか。

バリ取りの箇所と形状によりますが、類似したサイズ・形状であれば、共通治具で対応可能です。都度、ご相談ください。

どれくらいの大きさ(重さ)が対応可能ですか。

標準機(例:Be-700シリーズ)のスペックは、ワーク重量 10kg、ワークサイズ □400xH200(mm)です。他にも軽重量対応のシリーズや、重量物も対応検討させて頂きます。詳しくは、製品仕様または、お問い合わせをお願いします。

製品仕様は、こちら

どのような材質が対応可能ですか。

当社は、主にアルミ、アルミ鋳物、樹脂、炭素繊維、鍛造品、鉄系金属、特殊合金等の材質を加工対象としております。
詳しくは、取扱材料・用途別の一覧(加工対象製品)をご覧ください。なお、それ以外にも対応可能な場合がありますので、お気軽にお問い合わせください。

取扱材料・用途別の一覧はこちら

ツール(工具)は何種類まで取り付けることができますか。

標準機(例:Be-700シリーズ)のスペックは、ロボット:12kg可搬では最大3つまでスピンドルを設置することができます。詳しくは、お問い合わせください。

ロボットのメーカーは指定できますか。

弊社では、主にファナック製のロボットを使用します。それ以外のメーカーについては、お客様のご要望をお聞きした上で、随時ご相談させていただきます。

社内生産のシステムとリンクできますか?

ご要求仕様をご教示を頂き、ご相談下さい。

3. その他

アフターサービスについて教えていただけますか。

アフターサービスとして、品種の治具設計・製作、ロボットティーチングや予備品販売を行っております。これ以外にも、お客様のご要望に合わせて随時対応しております。

ロボット導入補助金申請のサポートサービスはありますか。

はい、サポートいたします。

弊社スタッフが、ロボット導入補助金の申請に関するご相談を承ります。