JOHNAN Innovation Lab(イノベーションラボ)水中ドローン事業

1. MOGOOL(モグール)製品紹介

水中ドローンMOGOOLは、本体、コントロールボックス、ケーブルで構成されている遠隔操作型の無人潜水機です。本体には暗所でも撮影可能な高感度フルHDカメラが搭載されており、水中の写真・動画を鮮明に記録することができます。また、本体とコントロールボックス、操作端末であるiOS対応端末との接続に有線接続方式を採用しており、安定した通信環境を実現しております。また、外部から100[V]電源を供給するため長時間の運用が可能でダイバーの代わりに水中での検査、確認業務に使用することができます。機能面についてはSublue社の独自技術である、高効率プロペラと姿勢制御アルゴリズムにより高い運動性を持っており、水の流れのある所でも安定した姿勢を保つことができ、高い操作性を持っております。操作アプリケーションはSublue社が本製品用に開発したiOSアプリを用いており、直感的な操作が可能です。

MOGOOL(モグール)製品紹介

本製品の使用例

MOGOOL(モグール)の使用例:点検・検査
MOGOOL(モグール)の使用例:調査
MOGOOL(モグール)の使用例:漁業

本製品の仕様

仕様 本体サイズ L × W x H  425x330x220(mm)
質量 3.2kg
運動性能 プロペラ 水平方向2基 + 垂直方向1基 計3基
潜水可能深度 100m
巡行速度 最大2kn(注:静止流体中)
モニタリングシステム カメラ 1軸ジンバル機能付高感度カメラ
解像度 1920 × 1080 フルHD 200万画素 @25fps
最低照度 0.01 lx @ F1.2(Color)
カメラ可動範囲 ±60°(鉛直方向)
ライトの数 2
消費電力 2 × 6W LED
明るさ 2 × 600lm
操作インターフェース iOS対応製品 iPad、iPhone

※表が見切れている場合、スクロールすると全体が表示されます

2. スマートアンダーウォーターソリューション事業

本事業の目的は、アフターサポート体制が整った高性能な製品を販売し、水中ドローンの日本への普及・定着を目指すことにより、環境調査や水産業、水難救助といった水に関する社会問題を解決することです。更に、オープンプラットフォームを構築し、海や湖等に関する情報とAIを組み合わせて活用することで様々なサービスを提供し、社会に貢献いたします。

また、本事業は株式会社スカイシーカー、株式会社tiwakiと弊社の3社合同で進めている事業です。株式会社スカイシーカーが販売、人材育成、環境作成を、株式会社tiwakiがAIを活用したソフト面を、弊社がメンテナンス、修理といったアフターサービスを担当いたします。

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、0120-63-2025までお問い合わせください。