産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」は、
漁業関連(養殖業、定置網業等)の様々な作業課題を解決します。

MOGOOLシリーズは豊富なオプションを用いて、船底や養殖施設等で必要な時にご利用頂けます。また、水深30m以上の潜水士が潜るのが危険な場所にもご利用頂けます。デモンストレーションも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

今回は、その例として「漁船船底の点検」「養殖施設の点検および育成状況の観察」「人工魚礁の調査」の3つの水中作業における課題について、産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」を活用した解決例をご紹介します。

1. 漁業関連の課題解決例のご紹介

●課題解決例:「漁船船底の点検」

課題解決例 漁船船底の点検

時間と場所を問わず、船底を点検したい。

「MOGOOL(ベーシックモデル)」は操作性が高く、搭載カメラでリアルタイムに、船底やスクリュー等の損傷を点検することができます。

●課題解決例:「養殖施設の点検および生育状況の観察」

課題解決例 養殖施設の点検および生育状態の観察

定期的に、あるいは緊急時も状況をすばやく把握したい。

漂流物が流れてきたり、高波により養殖施設がぶつかり合った後などに、「MOGOOLシリーズ」の搭載カメラなら、すばやく状態を把握できます。

また定置網のブイを目印に、海面から海底へ縦の動きによって、養殖網やアンカーをリアルタイムに映像で点検することも可能です。もちろん、「水産資源の育成状況」の観察でも活躍します。

海流が穏やかなところは「MOGOOL(ベーシックモデル)」、海流が速いところは「MOGOOL-PRO」と、場所に合わせてご使用ください。

●課題解決例:「人工魚礁に集まっている水産資源の観察」

課題解決例 人工魚礁の調査

人工魚礁を定期的に観察し、水産資源の生育状況を観察したい。

しかし、人工魚礁は海流が強い場所が多いため、潜水士による調査も容易ではありません。
産業用水中ドローン「MOGOOL-PRO」の搭載カメラなら、回遊性魚種だけでなく、人工魚礁に近い岩礁性魚種や人工魚礁の天端等に生息する海藻類の生育状況も観察できます。

ソナーなどのオプションを搭載することも可能です。
お客様のご要望にきめ細かく対応します。

2. 製品紹介

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」に関する詳しい内容は、以下のページをご覧ください。
不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。

3. デモストレーションのお申込み

当社では製品導入前にデモストレーションを行い、お客様の使用環境でお使い頂けるかどうかを試して頂くことが可能です。
このサービスは有料となっております。
ご希望の方は、専用の申し込みフォームを記載の上、お申込みください。

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」デモストレーションのお申込み

4. カタログの資料ダウンロード

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」の関するカタログは、以下のページをご覧ください。

産業用水中ドローン(ROV)「MOGOOLシリーズ」に関わるサイト

お問い合わせ

個人情報保護方針に従い、対象製品・サービスのご案内を配信いたします。
個人情報保護方針はこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、0120-63-2025までお問い合わせください。