装置の予防措置

「装置の予防措置」の事例紹介

装置の予防措置したサービス事例をご紹介します。

 

放送機器の電源ユニット OPTⅡ(NEC UB883)のオーバーホール

装置の予防措置2

【相談内容】

放送機器の電源ユニットのオーバーホールのご依頼。

【提案内容】

機器内、電解コンデンサー全交換、リレー全交換。

【結果】

オーバーホール後の電圧にて異常がないことを確認。同ユニットのオーバーホールを継続してご依頼いただく。(通信関連業様)

プリント基板修理の詳細はこちら

横河電機 ダイレクトドライブモーター(リニアサーブ)用サーボドライバー UM130B10AA のオーバーホール

装置の予防措置

【相談内容】

長時間ドライバー電源をOFFした後の通電時にドライバーでエラーが発生することがあるので、内部清掃、点検、オーバーホールをお願いしたい。

【提案内容】

内部清掃、及び、経年劣化部品(電解コンデンサ、リレー、フォトカプラ)、その他主要な出力素子の交換

【結果】

同じユニットを工場内で多数使用されている為複数台のご依頼を頂いた。(精密機器メーカー様)

プリント基板修理の詳細はこちら

基板修理のお問合せ

電話でのお問合せ

フリーダイヤル:0120-368-258

メールでのお問合せ

修理部品の送付先

 

JOHNAN株式会社 事業推進本部
テクニカルリペア事業推進部 テクニカルリペアセンター

所在地: 〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1-28
担当者:笠原
連絡先: FAX:0774-74-8414

その他のお問合せはこちら