海外輸入製品の修理

「海外輸入製品の修理」の事例紹介

「海外製製品の品質トラブルを解決」

海外輸入製品の修理

【相談内容】

海外製品を仕入れて販売したところ、品質トラブルが多く発生しました。海外メーカーに問い合わせしたところ、対応できないとのことでした。

【提案内容】

製品の解析をしたところ、回路設計に不具合があり、ノイズが発生していました。基板にノイズ対応を施す改造を提案しました。

【結果】

製品の品質は安定し、その後、品質の不具合を起こすことはなくなりました。(海外製業務機器商社)

プリント基板修理の詳細はこちら

「海外製CPUボードIPEC HH1-586の基板修理」

海外製CPUボードIPEC HH1-586の基板修理

【相談内容】

正常表示のアルファベット以外のaやeが画面一杯に表示され、正規表示分も文字化けしている。また、CMOS用バッテリー低下により正常起動しない。

【提案内容】

静電気等の異常電圧によりグラフィックIC内部のキャラクタROMが化けたものと推測。グラフィックIC、CMOS用バッテリー不良交換。予防処置として平年劣化部品全交換。

【結果】

問題なく表示し起動した。装置が復旧し、お客様からも大変満足頂いた。(製造業様)

プリント基板修理の詳細はこちら

基板修理のお問合せ

電話でのお問合せ

フリーダイヤル:0120-368-258

メールでのお問合せ

修理部品の送付先

 

JOHNAN株式会社 事業推進本部
テクニカルリペア事業推進部 テクニカルリペアセンター

所在地: 〒611-0033 京都府宇治市大久保町成手1-28
担当者:笠原
連絡先: FAX:0774-74-8414

その他のお問合せはこちら